前へ
次へ

成年後見人になったら知っておくべき公的制度

公的年金が受けられる年齢は65歳からで、人によっては60歳から受けられますし受給を遅らせて給付を多くすることもできます。
40歳や50歳の人は基本的には年金の保険料を払うだけでまだ受給のことを考える必要はありません。
でも親の成年後見人になるなどすると年金受給の手続きをしないといけないときもあります。
成年後見人になると被後見人が行う行為の代行をしなくてはいけません。
自分自身が40歳代であまり必要なかった公的サービスでも、70歳代以上の人が必要になるのであればその内容を知る必要があるでしょう。
まずは年金制度を把握し、受給の方法や申請の方法などを確認するようにしましょう。
その他医療制度や介護制度の把握も必要になります。
医療制度は高齢者独自のものがあり保険証なども別途用意されています。
それらが送られてきたなら成年後見人自身もその事実を把握しないといけないでしょう。
介護に関する申請などを被後見人が行えないこともあるので、後見人がサービスを把握して手続きを行います。

パフォーマンスを上げたい方におすすめな錦糸町のジム
スポーツでのパフォーマンスに悩まれている方にそれぞれの競技に求められる身体特性等を考慮しながら、最適なパフォーマンスコーチングを行います。

貯水槽清掃・点検は当社にお任せ!

当個別指導学習塾は西小山で家庭学習の指導も行っております
当校では家庭での自学自習を重要視し、それぞれの生徒に合わせたサポートをいたします。

代々木で明朗会計で安心のパーソナルトレーニングができます

Page Top