前へ
次へ

時計を信用したら遅れて損をしたとき

1日は24時間で1時間は60分などが決められています。
日本においては特に時間に厳しいとされ、いろいろなことが時間によって決められています。
鉄道や飛行機は時間ぴったりに運行されることが多いですし、ビジネスなどでも遅刻は許されないでしょう。
1分遅れたから大きな損をするなどもあります。
時を知る方法としては時計が有効で、最近ならスマホ等で時間を確認する人も多いようです。
スマホの時計は機械に内蔵されている時計の他通信で最新の時間に調整する機能もあるので正確な時間がわかります。
一方腕時計は電波時計でなければそれぞれが独自に動いているので多少の誤差を持つこともあります。
もし買ったばかりの時計に不具合があり遅れが生じ、それが原因で損が発生した時はどうなるかです。
法律上はメーカー側に製造物責任法に基づく損害賠償ができる可能性があります。
購入者が正しい使い方をした上でその時計を信用するしかない状態、さらに損害の発生状況などが加味されて賠償額が決まるのでしょう。

Page Top