前へ
次へ

成年後見人は自分の財産と一緒に管理しない

結婚をするとそれまで他人同士だった人が一つ屋根の下で暮らします。
それ以外に戸籍は一つにまとめられ、夫婦だからこそ認められる権利も多くなります。
それ以外に家庭における管理は家庭のルールで行うこともあり、銀行口座に関しては夫婦それぞれの管理よりも一つで管理することもあるかもしれません。
成年後見人の制度を利用して成年後見人になるケースとして、親族がなるときと弁護士などの全くの他人がなるときがあります。
弁護士は他人であり一定の法律家なので専門家として成年後見人の役割を果たすでしょう。
財産の管理を自分のものと一緒に使用などと考えることはありません。
しかし夫婦や親子など一緒に暮らしている間で成年後見人の仕組みを取り入れると、夫婦や親子の関係と成年後見人としての関係がごっちゃになる可能性があります。
財産の管理などはいくら親子などでも一緒にしてはならず、必ず分けて管理をしなければいけません。
成年後見人として取るべき行動を知って振る舞う必要があります。

Page Top